by まちにゅー 長野市周辺のまちなかの変化を追うブログ

2020年春オープン!スノーピークが白馬村に新たな「体験型施設」を運営予定!

最終更新:2019.01.26

スノーピークが2020年春から白馬村に新たな「体験型施設」を運営予定です。スノーピークはアウトドア用品、ナチュラルライフスタイルプロダクツの製造販売をしている企業です。場所は白馬八方第4駐車場跡地などで白馬駅から約500m程度の場所です。現在近くにはみみずくの湯があります。駅から近くアクセスもよいので遠方からも来やすいですね。

スノーピーク白馬全体像

画像引用元:スノーピーク

この「体験型施設」は店舗と野遊びが融合する施設になる予定です。この「体験型施設」は大きく分けて「店舗エリア」「野遊びエリア」「イベントエリア」の3つのエリアで構成されるそうです。

店舗エリアではスノーピークのキャンプ用品等の物販レンタルはもちろん、飲食店なども入る予定だそうです。どんなお店が入るのか楽しみですね。

野遊びエリアではキャンプができたりもするようです。自然を思いっきり満喫できそうですね。

イベントエリアではマルシェやワークショップなど様々なイベントができるようです。白馬の地域活性化にもつながりそうですね。

白馬村とスノーピーク

白馬村とスノーピークは包括連携協定を締結しているそうです。地域との連携強化や白馬の魅力を世界に発信することが期待されています。白馬というとスキーのイメージでしたが、これを機にグリーンシーズンもグランピングなどが更に盛んになっていくかもしれませんね。

スノーピーク運営白馬村の「体験型施設」の建築

この「体験型施設」は建築家の隈研吾氏の設計です。隈研吾氏といえば2020年のオリンピックで使用される新国立競技場の設計者でもあり、日本を代表する建築家の一人です。木を使用するなど「和」を基調としたデザインが得意なようです。今回の「体験型施設」も期待が高まりますね。

スノーピーク運営白馬村の「体験型施設」の基本情報

営業時間

不明

定休日

不明

所在地

長野県北安曇郡白馬村大字北城 白馬八方第四駐車場跡地ほか

アクセスマップ

ピンがついている「みみずくの湯」の北東の敷地が白馬八方第四駐車場跡地です。

スノーピーク公式サイト

スノーピーク

※本記事の情報は掲載時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は公式サイトまたは各施設へお問い合わせ等でご確認ください。

Share

このページを共有

Follow

購読する

Related

関連記事