by まちにゅー 長野市周辺のまちなかの変化を追うブログ

長野市権堂の「Pise(ピセ)」が昼間コワーキング&コリビングスペースとして開放中!行ってみた!

最終更新:2018.12.23

「コワーキング&コリビングスペース」としての営業を開始

長野市権堂の善光寺表参道沿いにある、「WORLDTRECK DINER & GUESTHOUSE Pise」が、今まで使われていなかった10:00〜18:00の昼営業を開始し、ワンドリンクオーダー制で自由に利用できる、「コワーキング&コリビングスペース」として運営されはじめたようです。

長野市のど真ん中でカフェスタイルのコワーキング、ゲストハウス、観光の3つをつなげた新プロジェクト! | 株式会社 旅と館

バー&ダイナー、ゲストハウスとしての顔も持つPise(ピセ)

ピセ(Pise)は、夜はバー&ダイナーとゲストハウスとしての機能を備えていて、海外から集めてきたと思われるユニークなインテリアと調度品が独特の雰囲気の中でお酒や食事を楽しめます。

ゲストハウスとしても、看板によると男女混合ドミトリーは3,000円〜利用できるなど大変リーズナブルで、長野観光におすすめの施設です。

「Pise(ピセ)」の入り口

入り口は自動ドアとなっていますが、ちょっと暗いので若干入りづらさがありますが、ちゃんと営業しています!

「Pise(ピセ)」の独特なインテリア空間

中に入ると、薄暗い空間の中に独特の調度品がずらりと並び、まるでテーマパークに迷い込んだかのような印象です。

店舗内にはビリヤード台もあり、ビリヤードが楽しめます。

冬に訪れたのですが、本物の火で温めるタイプのストーブを使っており、ストーブのまわりはじんわりと温かくくつろげる空間になっていました。

あえて大きな照明はつけずに、洞窟感のある不思議な空間が演出されています。

昼間はコワーキング&コリビングスペースとして開放!

ピセは株式会社旅と館とタイアップして、昼間10:00〜18:00の間、空いているバー&ダイニングのスペースを、「コワーキング&コリビングスペース」として運営をはじめました。

一般的なコワーキングスペースと違って、ドロップイン代金が取られることはなく、400〜500円のソフトドリンク1杯のワンドリンクから利用ができます。

もちろん電源やWifiも完備されているので、PCで仕事をすることができます。

長野市にはいくつかコワーキングスペースがありますが、ドロップイン料金や月額料金がかかるところが多いので、ピセの昼営業は大変お得だと思います。

目を引く巨人の手のような椅子

カウンター席の椅子が巨人の手のような木彫りの椅子になっています。こんな椅子は初めてみました!

トイレも開放的!

トイレもダイナミックに植物が配置されていて、雰囲気と開放感のある素敵な空間になっています。

「Pise(ピセ)」の場所はここ

善光寺表参道に面しており、長野市の繁華街権堂エリア内にあるので、観光や歓楽に最適な立地です。

鉄道でアクセスする場合、長野電鉄権堂駅から権堂のアーケード街を西側に進んで抜けた先にあります。

また、JR長野駅からも歩けないことはないです。

「Pise(ピセ)」の施設概要

所在地

〒380-0832 長野県長野市長野東後町2−1

営業時間

コワーキング&コリビングスペース営業:10:00〜18:00
バー&ダイナー営業:18:00から
ゲストハウス営業:チェックイン 15:00〜、チェックアウト 〜12:00

※変更になっている可能性があるので、ご利用の際は必ず公式サイトをご覧ください。

公式サイト

Pise(ピセ)公式サイト

※本記事の情報は掲載時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は公式サイトまたは各施設へお問い合わせ等でご確認ください。

Share

このページを共有

Follow

購読する

Related

関連記事