by まちにゅー 長野市周辺のまちなかの変化を追うブログ

「飛矢崎眞守記念展」千曲市アートまちかどで開催中!

最終更新:2018.12.23

「飛矢崎眞守記念展」が千曲市アートまちかどで開催中です。今回の展覧会のサブタイトルが「伝説の美術教師のすべてとその素顔」であるように、飛矢崎眞守さんは中学校の美術教師として教壇に立ちながら制作活動を行っていた画家です。戸倉上山田中学校にも定年まで17年間勤務していたそうなので、当時中学生で美術を教わっていたという方もいるかもしれませんね。約200点の迫力のある作品を鑑賞しに出かけてみてはいかがでしょうか。

「飛矢崎眞守記念展」の様子

風景画の展示数が多い展示ですが、中には人物画や静物画、抽象画まで幅広く展示されており、見ごたえがありました。油絵が多く展示されていましたが、キャンバスはほとんどがベニヤ板を使用したものでした。布をはった一般的なキャンバスより定着がよいそうです。風景画の多くは長野県内の自然をモチーフにした作品でした。県内の方なら、あ!ここ知ってる!という発見があって楽しめると思います。

下の作品は太平洋戦争に行っていた飛矢崎さんの戦争に行く直前に描いた作品だそうです。戦争から戻ってこれるか解らないという状況で描いた作品だと思うと見方が変わってきますね。

また、下の作品は飛矢崎さんが最後に描いた作品だそうです。病床にありながらも表現したその熱意が伝わってくるようです。

飛矢崎眞守さんについて

下伊那郡阿南村に生まれ、父の転勤で川中島へ。海軍従軍を経て、戦後は長野県の中学校に勤務していたそうです。更北中学校、桜ケ丘中学校、東部中学校、戸倉上山田中学校と4校で教壇に立ちました。2012年に2000余点の作品を残し逝去しました。飛矢崎さんの人生が垣間見える作品が「飛矢崎眞守記念展」では鑑賞できます。

「飛矢崎眞守記念展」の基本情報

開催期間

2018年6月16日(土)~7月7日(土)

開催時間

9:00~16:30

休館日

月曜日(祝日は開館)

祝日の翌日

観覧料

一般 200円

高校生 100円

中学生以下 無料

所在地

長野県千曲市屋代2176-2

アクセスマップ

チャリティー販売について

一部作品をチャリティー販売しています。売上金はご遺族のご厚意により福祉に役立てられるようです。

千曲市文化課公式サイト

アートまちかど

※本記事の情報は掲載時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は公式サイトまたは各施設へお問い合わせ等でご確認ください。

Share

このページを共有

Follow

購読する

Related

関連記事