by まちにゅー 長野市・松本市・上田市等のまちなかの変化を追うブログ

長野駅東口の近隣公園の工事の様子【2018年11月】

最終更新:2018.12.23

この計画の最新情報はこちら

長野駅東口近隣公園整備

長野駅東口の駅前ロータリーの目の前の交差点(栗田北中交差点)前の角地に、三角形の形をした中規模の近隣公園の整備が行われています。

公園の完成予想図

公園の大部分は芝生の広場となり、植裁は控え目の見通しの良い開けた公園となる予定です。

防災倉庫や多目的トイレ付きの公衆トイレも整備されています。

公園はいつ完成するの?

現地の掲示によると、2018年12月17日まで工事が行われ、2018年12月18日以降の開園を予定しています。

以前訪れたときは、2018年9月までの工事予定となっていましたが、何らかの理由で工事が延長されています。

現場の様子

現場の様子①

既存の大きな木々が一部残され、新しい公園ながら木陰ができています。

公園の大部分は芝生の広場となる予定で、非常に見通しの良い防犯性に優れた公園となりそうです。

現場の様子②

芝生の広場と、歩道が整備されています。

メインゲート

交差点側の公園のメインゲート部分です。こちらは芝生ではなく、石畳の広場などとなるのでしょうか?

長野駅東口の歩道橋から見下ろして撮影

長野駅東口ロータリー沿いにある歩道橋から公園側を撮影しています。

中央分離帯の緑が新たな公園と連続します。

公園ができる場所

長野駅東口から徒歩2分程度、「栗田北中」交差点の目の前の角地が公園となります。

周辺は駅前沿いは商業・オフィスエリア、南東側は閑静な住宅街が広がっており、オフィスワーカーや、地域住民や子どもたちの憩いの場となりそうです。

※本記事の情報は掲載時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は公式サイトまたは各施設へお問い合わせ等でご確認ください。

Share

このページを共有

Follow

購読する

Related

関連記事