by まちにゅー 長野市周辺のまちなかの変化を追うブログ

「2018信州総文祭」が長野県で8月7日~11日に開催!

最終更新:2018.12.23

第42回全国高等学校総合文化祭 2018信州総文祭が長野県で2018年8月7日~11日に開催します。全国高等学校総合文化祭は全国の高校生を対象とした文化部活動の祭典です。今年で第42回を迎える全国高等学校総合文化祭ですが、長野県では初開催になります。現役高校生やその関係者はもちろん、長野県在住の方、他県の方も楽しめるイベントです。

長野県で初開催となり、また次に長野県で開催されるのはおそらく40年以上先になる可能性があるそうです。せっかくの貴重な機会なので、是非お出かけになってみてはいかがでしょう。

「2018信州総文祭」の規定部門について

規定部門は全部で19部門あります。具体的には演劇・合唱・吹奏楽・器楽管弦楽・日本音楽・吟詠剣詩舞・郷土芸能・マーチングバンドバトントワリング・美術工芸・書道・写真・放送・囲碁・将棋・弁論・小倉百人一首かるた・新聞・文芸・自然科学となります。開催会場・日程はそれぞれ異なるようです。どの部門も魅力的な発表が期待されますね。

「2018信州総文祭」の合唱部門インタビュー

合唱部門総文祭担当の長野県上田高校近藤先生に貴重なお話を伺うことができました。

Q1. 総文祭の合唱部門の見どころは?

A1.バラエティに富んだ発表を鑑賞できる点でしょうか。 総文祭の合唱部門は全国から推薦された42団体が発表します。コンクール形式ではなく、講評はありますが、順位などはつきません。その分バラエティに富んだ発表を鑑賞できます。人数も約10~150人程度と幅があります。また一般的な合唱曲からPOPまで多くのジャンルの曲が発表されます。

Q2.総文祭の合唱部門長野県代表はどのような発表を予定していますか?

A2.長野県では作曲家の信長貴富さんに新作を作っていただき、総文祭でその新作を発表します。新作発表の場にもなっていますので、注目して頂けたら幸いです。その他2団体含む3団体が長野県から発表します。

また、合唱部門プログラム最後に全員で歌う「言葉は」という曲も信長貴富さん作曲です。この曲の歌詞に「言葉は種子」というフレーズがあり、大会テーマの「みすずかる信濃に若木は競い森を深める 山脈渡る風に種子を拡げて」の「種子を拡げて」の部分とつながる部分があります。偶然ですが、文化の種がこの信州総文祭で広がるとよいですね。

Q3.総文祭が長野県で初開催ですが、準備などはどうですか?

Q3.初めてのことなので、手探りで進めてきました。2回目はおそらく40年以上先になる可能性があります。一生に一度のことなので、盛り上げたいと思っています。合唱部門の長野県代表として発表する生徒は長野県全域から集まるので、月に2回程度打合せもかねて練習しています。1回1回の練習を大切に進めています。

Q4.総文祭準備を通して生徒の皆さんの様子はどうですか?

Q4.成長を感じますね。特にコミュニケーション能力が上がったように思います。他校の生徒と打ち合わせなどで会う機会が増えたので、今まで知らなかった他校の生徒とも円滑なコミュニケーションをとっています。もちろん準備など大変なのですが、この信州総文祭を通して生徒たちが成長しているのが嬉しいですね。この総文祭で培った力を将来にも活かしていってほしいです。

Q5.総文祭への意気込みを教えてください

Q5.運営者も参加者も鑑賞者もみんなが参加してよかったなと感じられる信州総文祭にしたいと思っています。参加者や鑑賞者の方にも長野県の高校はこんなことをしているのかと知っていただき、感動を届けられるとよいですね。そして、次年度の県へバトンタッチし、末永く総文祭が続きさらに盛り上がることを祈っています。

「2018信州総文祭」の新聞部門インタビュー

新聞部門生徒実行委員会に取材をさせていただきました。長野県代表の生徒34名と顧問10名が真剣に打合せをしていました。新聞部門では全国から集まった新聞部の生徒たちが48班に分かれて長野県内を取材し、新聞をその翌日までに協力して作る交流新聞作成イベントを行います。総文祭最終日の11日には作成した交流新聞の講評会も執り行われるようです。

その他全国の新聞部の校内新聞の展示が8月7日~11日に長野市若里市民文化ホール1階で開催されます。全国の高校生の今考えていることや表現したいことが見れる機会なので、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

新聞部門生徒実行委員長である長野高校3年生の髙野さんに貴重なお話を伺うことができました。

Q1.総文祭が長野県で初開催ですが準備などどうですか?

A1.40年以上に1度しか同じ県では開催されないのに、このタイミングで高校生であることが嬉しいです。しかも実行委員長になって、初めの頃はみんなをまとめることに難しさも感じていました。でもこれまでにいろんなことを決めたり企画していく中でだんだん団結力が出てきて、今ではみんな同じ方向を向いて目標に向かって頑張っています。

Q2.どんな総文祭にしたいですか?

A2.新聞で長野県の良さを発信していきたいです。総文祭当日は全国からたくさんの新聞部員が集まります。ネット検索では知れないようなことを実際に体験して感じてもらいたいです。そして、新聞という形あるものに感じたことを表現して、より多くの人に共有してほしいです。そうすることで全国のより多くの人々に長野県の良さを知ってもらうことが目標です。

Q3.総文祭への意気込みを教えてください

A3.自分も含め運営をする長野県の生徒も楽しめて、全国からやってくる生徒の皆さんも楽しめるそんな総文祭を目指します。これからも当日まで全力で準備を頑張っていきたいです。

「2018信州総文祭」規定部門の開催会場・日程・アクセスマップ

サントミューゼ

  • 演劇 2018年8月7日(火)~8月9日(木)
  • 美術工芸 2018年8月7日(火)~8月11日(土)

ホクト文化ホール

  • 器楽管弦楽 2018年8月8日(水)~8月9日(木)
  • 合唱 2018年8月11日(土)

キッセイ文化ホール

  • 吹奏楽 2018年8月9日(木)~8月10日(金)

レザンホール

  • 日本音楽 2018年8月10日(金)~8月11日(土)

メセナホール

  • 吟詠剣詩舞 2018年8月11日(土)

長野県伊那文化会館

  • 郷土芸能 2018年8月8日(水)~8月10日(金)

エムウェーブ

  • マーチングバンド・バトントワリング 2018年8月9日(木)

松本市美術館

  • 書道 2018年8月7日(火)~8月11日(土)

豊科近代美術館豊科交流学習センター

  • 写真 2018年8月7日(火)~8月11日(土)

カノラホール

  • 放送 2018年8月9日(木)~8月10日(金)

黒部観光ホテル

  • 囲碁 2018年8月7日(火)~8月8日(水)

ホテル圓山荘

  • 将棋 2018年8月9日(木)~8月10日(金)

サンテラスホール

  • 弁論 2018年8月8日(水)~8月9日(木)

ホワイトリング

  • 小倉百人一首かるた 2018年8月9日(木)~8月11日(土)

若里市民文化ホール

  • 新聞 2018年8月7日(火)~8月11日(土)

佐久平交流センター

  • 文芸 2018年8月7日 (火)~8月11日(土)

佐久大学

  • 文芸 2018年8月9日(木)

諏訪東京理科大学

  • 自然科学 2018年8月7日(火)~8月8日(水)

茅野市民館

  • 自然科学 閉会式 2018年8月9日(木)

「2018信州総文祭」の基本情報

開催期間

2018年8月7日(火)~11日(土)

公式サイト

第42回全国高等学校総合文化祭 2018信州総文祭の公式サイトです。

2018信州総文祭

※本記事の情報は掲載時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は公式サイトまたは各施設へお問い合わせ等でご確認ください。

Share

このページを共有

Follow

購読する

Related

関連記事